洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

40代男性が押さえておきたい夏コーデのポイント

40代という「大人の男性」には、どのようなファッションが似合うのでしょうか。今まであまりおしゃれに興味がなかった人だと、なおさらどのようなファッションをすればいいのか分からないですよね。
40代という年齢は、おしゃれな人は若々しく見えますが、おしゃれでない人は逆に老けて見えてしまいます。いつまでも「若くいたい」と思う気持ちは、女性も男性も同じですよね。

では、40代男性の夏はどのようにコーディネートすれば良いのでしょう。若々しくいたいからといって、10代や20代の頃に着ていた服をそのままコーディネートするのはやめましょう。ファッションには流行り廃りがありますし、20代に似合うファッションが40代の今のあなたに似合うとも思えないからです。
やはり40代には40代に似合うファッションがあり、40代の魅力を引き出すコーディネートがあるのです。年相応のファッションをすれば、自然と若々しく見えるものですよ。ここでは、40代の男性が押さえておきたい「夏コーデのポイント」についてお話ししていきましょう。

40代男性は「アイテム」にこだわる!

40代の「大人の魅力」を引き出すためにも、使用するアイテムにはこだわりを持ちましょう。何も高級ブランド物を身に付けようということではありません。自分なりにこだわりを持ち、統一感を出すことが大切なのです。
もちろん、子どもでも買えるような安っぽいアイテムはやめたほうがいいですね。40代はもう大人ですから、やはり「いいもの」を選んでいきましょう。

若い頃のように、洋服や小物などをたくさん買う必要はありません。「いいもの」というのは丁寧に扱えば長持ちしますから、定番のアイテムを何枚か、そして毎年トレンドのアイテムを数枚買い足していきましょう。

では、今年のトレンドのアイテムをいくつかご紹介します。
白のシャツ、ネイビーのポロシャツ、アンクル丈のパンツなどは今年大人気のアイテムですし、40代でもかっこよく着こなせるのでおすすめです。

40代男性はコーデに「+」が基本

夏コーデというのは、季節がらラフなものになりがちです。Tシャツにカーゴパンツ、クロップドパンツといったスタイルは、とても楽ですし暑さもあまり感じないコーディネートです。
しかし、この「ラフすぎるコーデ」が40代男性にふさわしいかというと、そうではないと思います。

40代という大人の男性に求められるのは、夏であっても「きちっとした清潔感」なのです。ラフな格好は、40代になったら控えたほうが良いでしょう。
40代になったらTシャツやカーゴパンツがダメというわけではありません。「ラフすぎない」ようにすればいいのです。そのためには、コーデに他のアイテムを「+」してみましょう。たとえば、Tシャツの上にシャツやサマージャケットを羽織る、ポロシャツの上にボリュームのあるストールを巻く、などはいかがでしょうか。
カジュアルで楽な格好であっても、このように他のアイテムをプラスすることで40代らしくかっこいいコーデになるのです。定番の白いシャツやチェックのシャツもいいですが、あえてピンク系のシャツやパーカーをチョイスしてみるのも遊び心があって素敵ですよ。

40代は足元まで気を配る

洋服は気を配ってコーディネートできても、果たして「足元」まで気を配れていますか?足元は意外と忘れがちなところであるにも関わらず、他人からは目立つところでもあります。
せっかくキレイにコーディネートできていても、足元が残念だと全体的に残念になってしまいます。せっかくのおしゃれが台無しになってしまうので、やはり40代なら「足元まで」しっかりとコーディネートしてください。

夏コーデの定番といえばサンダルですが、40代になったら毎回サンダルを合わせるのはあまりおすすめしません。やはりシチュエーションに応じて、スニーカーやドレスシューズ、エンジニアブーツなどを履き分けたいものですね。
サンダルよりもスニーカーやエンジニアブーツのほうが「大人っぽさ」があるので、40代になったらそちらをチョイスすることをおすすめします。

ただ履き分けるだけではなく、「清潔さ」を意識することも忘れないでください。汚れたら洗ったり磨いたりして、何足かをローテーションするといいですね。汚れた靴は論外です。

40代男性が押さえておきたい夏コーデのポイントをご紹介しました。いかがでしたか?最初からすべてを取り入れるのは難しいという人は、できるところから始めてみましょう。ポイントさえ押さえておけば、夏コーデはそんなに難しいものではありませんよ。

女性からの好感度が高い、40代男性の夏コーデとは?

夏は暑いので、服装もラフになりがちです。Tシャツにデニムといったファッションはとても楽ですが、やはり40代になったら少し「だらしなく」見えてしまうかもしれませんね。
40代という「大人」になると、その年齢にふさわしいファッションというのがあります。もちろん、それは夏も同じです。部屋着のようなファッションで街を歩いているいい歳の男性を時々見かけますが、「おしゃれ」「かっこいい」とはかけ離れていますよね。

たとえば婚活パーティーや街コンなど女性と会うような場で、そんな格好の男性がいたらどうでしょう。お世辞にも女性からの好感度が高いとは言えず、むしろ論外、相手にされないかもしれません。
逆におしゃれに興味はあるものの、合わせ方を間違えるとものすごく「ダサく」見えてしまうこともあります。女性は男性のファッションをよく見ています。第一印象で好感度が低いと、あとから上げるのはなかなか大変ですよね。そこで、ここでは女性からの好感度が高い「40代男性の夏コーデ」についてご紹介します。

夏でもシャツやジャケットを1枚羽織る

女性からの好感度が高いファッションというのは、「きちっとしている」ファッションです。夏なら「きちっとしている」のに「暑苦しくない」ファッションが良いですね。
40代の男性に、いい加減さやチャラさを求める女性はいません。まじめで誠実な人を求めているのです。ですから、タンクトップや短めのボトム、サンダル、じゃらじゃらと重ねたアクセはNGです。

きちっと見えるのに暑苦しくないファッションというと、少し難しいと感じる人もいるかもしれませんね。しかし、そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ。たとえば「シャツを羽織る」「サマージャケットを羽織る」などでOKだからです。羽織るシャツやサマージャケットは七分袖のものをチョイスすると、大人っぽくまとめることができます。半袖だと、ものによっては子どもっぽく見えてしまうのです。

いつものコーデに「1枚羽織るだけ」なので、特別難しいことはありませんね。シャツならさわやかな「白」や夏っぽい「青系のチェック」を、サマージャケットはクール素材の「ネイビー」や「グレー」をチョイスすれば、重ね着でも暑苦しくない見えませんよ。

フォーマル×カジュアルのmixコーデ

女性ウケのいいファッションのポイントに、
・気取っていない
・さりげなくおしゃれ
があります。芸能人を真似てブランド物で全身を固めてみたり、流行りのアイテムをいくつも組み合わせるのはNGです。特に後者は「頑張りすぎていて残念」な印象を与えてしまうので気を付けたいですね。

女性からの好感度が高い夏コーデということで、ここでは比較的ラフな婚活パーティーなどの場を想定して話を進めたいと思います。
たとえば婚活パーティーにスーツを着てくると「まじめ」な印象を与えることはできますが、お見合いではありません。そのパーティーの趣旨があくまでも「ラフな婚活パーティー」であるのなら、スーツできちっとまとめるのは若干気合いが入りすぎていますね。
夏ですから、ポロシャツにチノパンといった定番のスタイルが良いでしょう。定番のファッションというのは、清潔感のあるアイテムを選ぶことを忘れないでくださいね。今年の流行カラーでもある「ネイビー」のアイテムを取り入れると、一気におしゃれ度がアップします。

ここでのポイントは、フォーマルなコーデの中であえて「外しアイテム」を使うということです。靴はドレスシューズではなく、スニーカーにしてみましょう。スニーカーというカジュアルなアイテムがフォーマル感を「ほどよく外し」てくれますよ。コーデ全体の色味を合わせることで、タイプの違うアイテムもおしゃれにまとめることができるでしょう。

40代男性の夏コーデでは「身だしなみ」も重要

いくら女性からの好感度の高いファッションで全身をコーディネートしても、身だしなみが整っていなければ意味がありません。
髭を剃る、歯を磨くといったことはもちろん、ヘアスタイルもきちんとしましょう。汗をかきやすい人は通気性の良いインナーを着用したり、制汗スプレーやシートを使用するのもいいですね。

シャツに汚れや色褪せ、生地のヨレはないか、ジャケットやパンツにシワがないか、靴の汚れもきちんとチェックしましょう。クリーニングに出して、クリーニングのタグが付いたままというのも40代男性に多いミスなので、前日にしっかりチェックしてくださいね。

40代男性におすすめの「大人カジュアル」な夏コーデ

40代の男性は、一昔前まではただの「おじさん」でした。もちろん年齢的にはおじさんで間違いないのですが、今はおしゃれな人が多いように感じます。おしゃれでファッションにも気を配っている人というのは、たとえ40代であってもとても若々しく、素敵に見えるものです。職業柄というのもあるとは思いますが、アパレル関係の人や美容師などは、自分に似合う年相応のファッションを着こなしています。

「40代でも気持ちは20代!」だという人がいます。もちろんこれは悪いことではありませんが、気持ちが20代だから20代のファッションが似合うかというと、やはり少し違います。いくら気持ちが若くても、年相応のファッションをしなければ「ダサい人」でしかないのです。

では、40代の男性にはどのようなファッションがおすすめなのでしょうか。これから来る夏に向けて、おすすめの夏ファッションを知りたい!という人もいるでしょう。
40代男性の今年の夏コーデは「大人カジュアル」がおすすめです。そこで、ここでは「大人カジュアル」な夏コーデについてお話ししたいと思います。

「明るい色」は大人にこそ似合うカラー

これは男性も女性もそうなのですが、年齢を重ねれば重ねるほどファッションに「色」がなくなっていきます。黒やグレーなどのモノトーンカラーやダークカラーのアイテムばかりを選ぶようになるのです。年齢とともに落ち着こうという気持ちの表れなのかもしれませんが、必ずしも「暗い色が似合う」というわけではありません。

実は、「明るい色」というのは大人にこそ似合うカラーでもある、ということをご存じでしょうか。もちろん蛍光カラーなど明るい色ならなんでもいい、というわけではないので気を付けてくださいね。
明るい色というのは目立つため、コーデのポイント、アクセントとなるでしょう。うまく取り入れれば、「若作りではない若々しさ」を出すことができるんですよ。
年相応のおしゃれにするためには、「明るい色は1アイテムのみ」にすることです。その他のアイテムをなるべくシンプルにまとめることで、きれいな「大人カジュアル」なコーデになりますよ。

いつものコーデに「ピンクのパーカー」をプラスする

夏の定番コーデといえば、やはりTシャツにデニムといったカジュアルなものが多いですね。40代にふさわしいのは、ただの「カジュアル」ではなく「大人カジュアル」なコーデです。Tシャツ+デニムだけでは、カジュアル要素が強すぎて「大人」の要素がありません。

そこで、先ほどお話しした「明るい色」を取り入れてみましょう。ここでおすすめするのは「ピンクのパーカー」です。40代の男性ですと、もう何年も「ピンク」の洋服なんて着ていない!という人もいるでしょう。しかし、ピンクなどの明るい色は大人の男性こそ似合うカラーですので、自信をもって選んでください。
明るいピンクに抵抗のある人は、紫がかったピンクを選ぶと良いと思います。フードのついたパーカーを選ぶことで、カジュアル感を減らさずに「大人」な要素だけを加えることができますね。パーカーのファスナーを止めてしまうとかっこ悪いので、パーカーは羽織るだけにしましょう。袖をまくって着ると男らしさがアップします。

ハデ色のポロシャツにエンジニアブーツ

こちらも夏ならではのコーデになりますが、夏の定番ポロシャツを「明るい色」にしてみましょう。黒やネイビーのポロシャツを着ている人は多いですが、明るいハデな色のものは避けていた人も多いと思います。
ここでは、あえてエメラルドグリーンやスカイブルーなどのハデな色を選んでみましょう。夏なので、このような明るいハデな色が映えるのです。ボトムはタイトな濃いめのデニムにすると良いですね。「カジュアル」だからといってだぼっとしたシルエットのデニムを選ぶのはやめましょう。40代なので、カジュアルな中にも「きちっと感」のあるコーデを意識します。

ハデな色のポロシャツにデニムというコーデは、どうしても「カジュアル感」が強く出すぎてしまいます。そこでおすすめなのが、足元を大人っぽい「エンジニアブーツ」にするというものです。カジュアルなスタイルにはスニーカーがベストアイテムですが、スニーカーではラフになりすぎてしまうので、あえてきれいめなエンジニアブーツを選んでみましょう。ブラウンなどのシンプルかつ定番のカラーを選ぶことで、ポロシャツの「色」がより一層映える大人カジュアルコーデとなるでしょう。

関連記事