洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

40代男性の足元を飾るボトムスはこれを買っておこう!

40代男性はデニムをまだまだ履ける歳ではありますが、40代後半~50代になるとデニムが似合わない人もチラホラ出てきます。また、40代前半でもデニムだと、どことなく浮いてしまうファッションになりかねないため、できればデニムではなくて別のボトムスを持っておきたいものです。ではどんなボトムスが、40代男性が無難に履けるのか3つ紹介します。

ストライプボトムスで足長長身に

40代男性におすすめなのが、縦のストライプが入っているボトムスです。縦にラインが入っていると、目線が縦長になって足を長く見せる事ができます。すると、自然に長身スタイルが完成します。
ストライプボトムスを選ぶポイントは、スリムボトムスを選ぶところです。だぼだぼのパンタロンだと、いくらストライプがスリムに見せても足長には見えません。また、細身のボトムスならばスマートで紳士にも見えます。細すぎて足の線がくっきり見えてしまうようなスキニーではいけませんが、ストレートデニムぐらいのゆったりさならば細すぎず、太すぎずでちょうどいい太さです。
ストライプだと少しビジネスらしさが出ているパンタロンが多いので、トップスはノーカラーカーディガンやラウンドカラーニットなど、あまりビジネスを感じさせないものを選びましょう。ワイシャツやボタンダウンは避けた方が無難です。

細めラインチェックボトムスはカジュアルに

ストライプはビジネスらしさが出てきてしまいますが、チェック柄のボトムスならばカジュアル感を感じるボトムスです。
注意して欲しいのは、チェックは太い線のロックやイギリスっぽい感じがするものではなく、細いラインのものです。四角のラインがいくらかボトムスにあるな‥というぐらいの、軽いチェックがおすすめです。チェックが太すぎてしまうと、若いズボンになってしまって歳相当には見えません。軽くて細いチェックというのは覚えておきましょう。
チェックボトムスはカジュアルなので、ワイシャツやボタンダウンの服に合わせてもプライベートファッションができます。また、ニットでもカーディガンでも、どんなアイテムでも合います。ただし、フードつきパーカーはチェックパンツと合わせるのは辞めましょう。カジュアル過ぎてしまい、幼くなってしまいます。

チノパンは自然になんでも合わせやすい

男性のマストアイテムであるチノパンは、40代男性にもおすすめです。チノパンは自然な色が多く、どんな服にも合わせやすいです。しかも動きやすいのがメリットですよね。
40代男性が選ぶならば、色はアースカラーの黄土色がおすすめです。地味過ぎない色ですし、なんにでも合わせやすいです。また、濃い黄土色ならば着太りもしません。
春は裾をめくって足元を軽くしたり、冬はスニーカーでカジュアルに履くのもいいかと思います。
40代男性は、ストライプ、軽いチェック、チノパンの3本があればボトムスは他になにもいりません。ファストファッションでも買えるので、まだ買っていないならば買っておきましょう。

関連記事