洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

ダサいメンズファッションにならないよう中年男性は気をつけよう

中年男性

街を歩いていると老若男女、思い思いのファッションに身を包んでおり、それを眺めているだけでも楽しいですよね。最近では、中年世代の男性いわゆる「おじさん」と呼ばれる世代の方も、美意識が大変高くおしゃれな方が増えてきました。その背景には、数年前に一世を風靡した「ちょい悪おやじ」の流行や、一般人のコーディネートを気軽に観覧でき、なおかつそのファッションを真似したいと思えば直ぐに購入できる等、ファッションアプリといったコンテンツの影響も、中年世代のおしゃれ心に火をつけたと考えられます。

しかし残念ながら、その中にはお世辞にもおしゃれとは言い難いファッションの中年男性もいらっしゃいます。ファッションは表現ですので何を着ても自由ですが、折角おしゃれを頑張っていても、逆に「ダサいおじさん」と見られてしまったら悲しいですよね。周りが誉めてくれたとしても、それが社交辞令だった場合には、なかなかファッションは改善されませんので「ダサいおじさん」から抜け出せないまま「イケてる」と勘違いしない様にしたいところです。

では、どのようなファッションが「ダサいおじさん」と呼ばれてしまうのでしょうか?一般的に中年男性が着用するとNGと呼ばれているアイテムや、着こなしを幾つか挙げていきますので、自分のファッションに自信が持てない中年男性や、パートナーやお子さんからファッションがダサいと指摘された事がある方は、是非参考にして「ダサいおじさん」から卒業して、おしゃれでダンディーな大人の着こなしを目指しましょう。

小物を使い過ぎるとダサくなる

おしゃれでは絶対に欠かせないと言われているのが、帽子、ストールなどの巻物、アクセサリーと言った小物使いです。小物はファッションのポイントとして取り入れる事で、ぐっとおしゃれで垢抜けた雰囲気を演出できます。しかし、中年男性が使い方を間違えてしまうと、一気にダサくなってしまうのです。

40代~50代の男性をターゲットにした雑誌等でよく見かけるのが、小物を使った大人カジュアルですが、一般の方が帽子や巻物といったインパクトの強い小物を使ってしまうと「田舎っぽい」「くどい」「おじさんが無理しているように見える」「若作り」といったマイナス印象を持たれてしまう事があります。では、小物を使う場合には何に気を付けたら良いのでしょうか?

まず、小物を使う場合には多くても2アイテムまでに抑えましょう。また、帽子を被るのならボリュームのある巻物は控える、アクセサリーはジャラジャラ着けず、腕時計か細身のバングル程度にしておく、財布にウォレットチェーンは下げない、トレンド感の強いアイテムに頼りすぎない、ヒョウ柄、ヘビ柄、ハラコ素材等の小物は、インパクトが強いのでなるべく面積を少な目にする、クラッチバックでも大きめだとセカンドバックに見えてしまうので避ける等、小物はシンプルなものをさりげなく「やり過ぎない」事を心がけましょう。

ロゴやブランドにこだわらない

40代~50代以上の方でとても多いのが、ブランド好きの方です。バブル世代を経験してきた方の中には、高価なスーパーブランドやブランドロゴの入ったアイテムが大好きだと言う方もいらっしゃるかと思います。しかし、これみよがしにブランドロゴの入ったアイテムをきているおじさんとは「恥ずかしくて一緒に歩きたくない」と言った意見が多くあるのです。

ブランドロゴ全てが悪いと言う訳ではありませんが、どうしてもロゴが入ったものになると、インパクトが強くロゴに目がいってしまう為、ブランドに頼っている様に見えてしまうのです。最近の傾向として、ファストファッションを代表とする安価なアイテムでも、コーディネートを楽しんでいる男性がおしゃれな時代と言われています。

一昔前には、スーパーブランドが大流行して、男性でもお財布やバッグまで高級なブランドで統一する事がかっこいいとされた時代もありましたが「ダサいおじさん」から脱却する為には、極力ブランドには頼らず、良質でシンプルなアイテムを使ったコーディネートから始めてみることをオススメします。

サイジングで脱おじさん

おじさんに見えてしまうファッションとして「ピチピチの服を着ている」「おじさん体型に合わせたゆるめの服」「ダボダボのデニム」等、サイジングが合っていない等が、おじさんぽく見えてしまうと特徴と言われています。確かに、お腹が出てきたり体型もすこしづつ変化していきますので、服もそれに合わせて楽なサイジングのものに変わってしまうかと思いますが、上手く体型をカバーできるアイテムを選ぶ事が「ダサいおじさん」と「おしゃれな大人の男性」の差になってくるのかもしれません。

例えば。デニムの場合、出っ張ったお腹に合わせて楽に履けるダボダボのものを選んだり、若い頃に流行っていた腰履きがなかなか止められない方もいるかもしれません。中年男性がカジュアルファッションやアメカジに挑戦する場合には、なるべく綺麗めのアイテムを選び、サイズはジャストサイズのものを選ぶ様にしましょう。今年から来年にかけて、ダメージデニムも大流行していますが、あまり流行のデニムに走ってしまうと、無理をしている様に見えてしまいますので、もしもダメージデニムに挑戦してみたい時は、細身のサイジングにするか、ロールアップで足首を見せる事で、大人の雰囲気がグッと引き出せます。

トップスにはジャケットや、清潔感のあるシャツや上質なニット、足元はスニーカーでは無く、ブーツ、デッキシューズ、スリッポン、人気のタッセルローファーにしても全体が引き締まった印象になるでしょう。

プロデューサー掛けやシャツの腰巻きはやめよう

ここ数年のファッショントレンドは、昔流行したアイテムや着こなしが再び注目を集めています。もしかしたら、そんな着こなしを見て懐かしいと感じている方もいるのでは無いでしょうか?例えば、カーディガンを肩から掛けるプロデューサー掛けや、シャツの腰巻き等、バブル全盛期に定番になっていたコーディネートが、新たな形で取り入れられているのです。

しかし、こう言った着こなしを、中年男性がそのまま真似をしてしまうと「ダサいおじさん」に見られてしまうかもしれません。最近では、女性のみならず男性にも、クラッチバックを取り入れたコーディネートが人気になっていますが、このクラッチバックも中年男性が持つと「おじさん臭いセカンドバッグ」に見られてしまう危険なアイテムです。

トレンド感の強いリバイバルアイテムは、コーディネートの難易度が高くなりますので、昔の感覚のままで取り入れるのは避ける様にしましょう。この様に、トレンドの着こなしや流行に流され過ぎてしまうと「おしゃれが分からないおじさんが無理している」と思われてしまいますので「おしゃれな大人の男性」を目指すなら、流行に左右されない着こなしを実践していくことをオススメします。

メンズファッションで他との違いを作るには

メンズファッションは女性と比べると洋服のパターンなども限られてくるため、毎年同じようなファッションが流行する傾向にあります。

例えば、冬場に着用するアウター一つとってみても、綺麗目なファッションが流行している現在ではここ数年の流行はPコートやダッフルコートといったものが流行しています。Pコートもダッフルコートも、何十年も前からある基本中の基本といってよいアウターですから、逆に言えば昔着ていたものを出してきて着てもそれほど違和感がないといえるかもしれません。

もちろん流行の色は毎年変わりますし、異素材を使用した今までにないものも販売されていますが、基本的な形状はほとんど変わっていないため、どうしても毎年同じようなものばかり市場に出回っているといったイメージが付きまとってしまいます。

では周りの人と同じようなスタイルにならないためにはどうすればよいかといえば、1箇所か2箇所、ファッションの中にポイントを作ることが重要になってきます。

ありきたりなネイビーのPコートを着るのであれば、中のインナーにさし色を使ってみるとか、上半身がコートなどで野暮ったくなるのであれば、下に履くズボンを細身のものにして靴に目立つポイントを持ってくるといったような、トータルで見た時に周りと違う部分を1箇所でも作っておくことで、自分らしさを表現できるのではないでしょうか。

それと年齢にあわせたアイテムを使うということも重要な要素になってくると思います。先ほどのPコートは着ることが出来る年齢の幅が広いため、誰が来てもそれほど違和感はないのですが、ダッフルコートに関してはやはり学生などが着ているイメージが強いため、色選びを間違えてしまうと非常に浮いた感じのコーディネートになってしまう恐れがあります。特にネイビーやキャメルといった色に関しては、40台以上の人にはどうしても似合わない可能性が高いため、グレーなどの浮かない色をチョイスしたほうが良いかもしれません。

同じようなアウターでもチョイス次第では自分に似合うコーディネートになりますから、自分に合うものをしっかりと選ぶ必要があるのではないでしょうか。

大人のメンズ・ファッションでは「メンテナンス」が重要!

ひとつひとつのアイテムがシンプルな作りとなっている分、メンズのアイテムはレディースに比べると「素材や縫製の良さ」の違いが大きく出るのが特徴とも言えます。

特に「大人のメンズ・ファッション」としては、できたら上質なアイテムを身につけておきたいところですよね。
メンズはレディースに比べるとトレンドの波が小さめなので、「良い物を長く着る」というのはさほど難しくありません。
自分のスタイルが確立してきたら、そろそろ「良いもの」を手にする時期と言えるでしょう。

さて、この時に知っておきたいのが服や小物の「メンテナンス方法」です。
上質なメンズのアイテムは基本的には長くもつものですが、定期的な手入れを怠ってしまってはせっかくの品質の良さも失われてしまいます。

例えば、冬のジャケットやコート、ニット類については一本、きちんとした「洋服ブラシ」を買っておくのがオススメです。

スーツ等の手入れについては「エチケット・ブラシ」を使っている人も多いようなのですが、エチケットブラシはあくまでも「服の表面のホコリを取る」だけのもの。
あまり質の良くないエチケットブラシで表面を擦ってしまうと、生地を傷めたり、毛羽立たせて却ってホコリがつきやすくなってしまうこともあります。

対して洋服ブラシは服の毛の内側のホコリも取り除き、同時に素材面の毛の流れを再度整えてくれます。

帰宅時にサッと服ブラシをかけるだけでも、服の「長持ち具合」は驚くほど変わってくるんですよ。

なお、化繊繊維でできている洋服ブラシもありますが、天然の馬毛、もしくは豚毛でできたブラシの方が素材を傷めずに手入れをできるので、できたら天然素材のものを選びたいところ。
特に馬毛でできたブラシはカシミヤ等の上質な素材のケアもできるので、一本持っておくと便利です。

天然素材ブラシは少々値段が高いのが難点ですが、ブラシをこまめにかけておけばドライ・クリーニングに出す頻度はかなり下がりますし、気に入ったアイテムを良い状態に保っておけますから、長い目で見れば「お得」と言えるのではないでしょうか。

関連記事