洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

40代からのジャケパンスタイル

誰でも、制服やスーツを着てしまえばある程度はカッコよく見えます。それほど、制服やスーツは計算されてデザインされたものではあるのですが、スーツを着なれてきた40代としては、スーツの選び方にも気を使って、他の40代男性とは一味ちがう自分をアピールしたいですよね。40代ともなると、スーツ姿も板についてくるわけですが。一方で20代30代の爽やかにスーツ姿には太刀打ちできなくなっているのも事実です。とはいえ、スーツでどうやって、他と差をつけるのかというところで立ち止まってしまいそうですが、コツはいくつかあるのです。

例えばジャケパンスタイルがその一つです。ジャケットパンツスタイルを略して「ジャケパン」。一般的に、スーツはセットアップで、同素材のジャケットとパンツを合わせて着るわけですが、ジャケパンはジャケットとパンツが別物です。職場によっては、ジャケパンOKなところ、NGなところがありますので、もしジャケパンOKな職場なら、ジャケパンスタイルを取り入れてみてはどうでしょうか。

セットアップスーツでは、イメージが単調になるところを、ジャケパンスタイルならば、組み合わせの数が増えるので、それだけ多様なおしゃれを演出してくれるはずです。ビジネスマンとしては、こなれたスーツの着方をする人という印象を持ってもらえます。

ジャケパンは、難しそうな気もしますが、まずはネイビーのジャケットとグレーの起毛素材のパンツを合わせるところから始めて見て下さい。
ジャケパンのジャケットは、アンコンと呼ばれる、肩パットや芯地、裏地のない、軽いタイプを用いるべし。なので、セットアップスーツのジャケットを用いるべきでないと言われていますが、セットアップスーツのジャケットがアンコンっぽいタイプなら、十分ジャケパンスタイルに対応できると思います。

地味なスーツでもポイントをおさえると、かなり垢ぬけた雰囲気になりますので、40代のこなれたスーツスタイルを展開するためにも、ジャケパンスタイルに挑戦してみることをおすすめします。

関連記事