洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

メンズのボトムで重要なのがパンツの丈!

メンズファッションの場合、当たり前ですがボトムはジーンズ、チノパン、スラックス等の「パンツ」ということになります。

ぴったりとしたスリムタイプのものから、カジュアルな印象になるリラックスタイプのものまで様々なスタイルがありますが、ボトムで重要なのが「丈」であることに変わりはありません。

「自分の足と靴に合った丈を履いているか」、これで一発で「ファッションに気を使っているか否か」がわかってしまうんです。
どんなに高級なブランドのアイテムを身につけていても、短すぎる丈のボトムを履いていたら全体のスタイルが台無しになってしまいます。

欧米の場合は洋服文化の伝統が長いですから、「自分のサイズに洋服を合わせる」という習慣が完全に根付いていますし、「自分を格好良く見せるサイジング」をする際のコツを心得ている人も多いようです。
しかし日本の場合、特にパンツの丈については「自分に合ったもの」を選んでいる人が非常に少ないのが現状。

「自分に合っている」と思っているパンツの丈が、端から見ると「短すぎ」という人が多いのです。

ストレートタイプのジーンズやスラックスについては、多少流行やスタイルによって丈に違いが出るにせよ、メンズの場合は「履いて立った状態で、ワンクッション以上の長さのゆとりがある」というのが基本的な丈の考え方です。
パンツの裾が靴の上部にかかり、軽く「たるみ」がある程度ということですね。

立った状態でまったくたるみが無い状態、靴に裾がかからない状態は、メンズスタイルだと「かなり短い裾」ということになります。
この丈は場合によっては足を短くみせてしまうだけでなく、かなり「子供っぽい」イメージが強くなります。
座った状態となった時には完全に靴下が丸見えになるので、特にビジネス・スタイルの場合等には不向きとなることが多いです。

もちろんこういうスタイルのファッションもあるのですが、一般的には「長め」の方がまとまりますし、無難というわけですね。
自分に合った丈がわからない…という時には、ボトム購入時にショップでよく相談しておくと良いですよ。

関連記事