洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

チェック柄は40代ファッションで気を付けたい箇所

ネルシャツやブロードシャツ、ボタンダウンシャツなど、私達の大好物のシャツ。しかもチェック柄はなんとなく合わせやすくて更に好き!
ワードローブに必ず1着入っているはずです。
もはやオールシーズン使える「柄」として定着しているチェック柄ですが、同時に「無個性」「ダサい」なんて評価を受けることもしばしば。
これって何故なんでしょう?
ようは「柄」「チェックの色」「素材感」この3点に尽きます。
まさか…冬場のネルシャツ、春先に着てたりしませんよね…?
言われないと気が付かない、チェック柄のルールを見直してみましょう。

チェック柄の柄、気にしてますか?

チェック柄なんて色が違うだけでどれも同じでしょ、って思っている40代の方。
それは少し間違っています。
チェック柄にもブロックチェック、タータンチェック、ギンガムチェックなど、誕生したルーツによって種類は様々です。
元々は伝統的な柄だったのが、一般的なウェアにまで定着していった経緯があり、それぞれのチェック柄にも得意な季節・苦手な季節があるのを覚えておきましょう。
ブロックチェック柄など、大きな柄は比較的冬場に、ギンガムチェックなどの細かい格子柄は、比較的春~夏に多く使われる傾向があります。
あくまで目安なので一概には言えませんが、ブロックチェック柄などは色味が暗く、冬向きなアイテムが多く、ギンガムチェックはその反対なことが多いのも
理由のひとつと言えます。
なので春~夏場に、ブロックチェックは△。
合わせるなら必ず爽やかに見えるコーデを意識して、春や夏っぽいカラーをインナーなどに
取り入れるようにしましょう。

色味もチェック柄の重要な要素

チェック柄を選ぶ時、40代の方が一番気にするところがコレではないでしょうか?
40代の方が若い時に流行した古着ブーム時も、現代も、自分のピンとくるチェック柄を選ぶのって、とっても難しいことであります。
買い物にいって「どんなチェック柄が似合う?」なんて奥様や彼女様に聞ける方ならOK。
でもそうではない、ファッションに疎いと自覚がある方はそうはいきません。
なので、「夏場=爽やかな明るめの色使い&冬場=暗めの色使い」のチェック柄を選べば、間違いはありません。
明るめの色使いというのは、見た目そのままで、爽やかな印象を感じるカラーです。
「ピンク×ホワイト」「ブルー×ホワイト」など、ホワイトの要素が入っているものが、選びやすくコーデしやすいチェック柄です。
逆に「オレンジ×グリーン」など、どう合わせていいか悩む色は選ばないのが◎
冬場はタータンチェック柄がOK。
チェック柄といえばタータンチェック、と言われるほど定着した柄で、多色使いが特徴。
ネルシャツの柄などはタータンチェック柄であることが多いです。
レッド系がベースとなったタータンチェック柄を選べば、着こなしの幅み広がり、何よりコーデを選ばない万能感を手に入れられます!

素材ってそんなに重要…?

休日のオフ・スタイルくらいでしかカジュアルコーデをしない40代の方にとって、季節により素材の移り変りは感じ取りにくいかもしれません。
「寒い!」なら冬場の上着着ればいいし、「暑い!」なら半袖&ポロシャツ。
これでなんとかなってしまうので、「素材」で季節感を出すのが少々難しい方もいるはず。
春先に毛皮のコートを着ていたら「暑そう…」って思われるのと同じで、周りの方も、冬場のネルシャツを着ていたら「暑そう…」って、実は感じているんです。
ネルシャツ(=フランネルシャツ)は、40代の方に馴染み深い、アメカジを代表するアイテム。
厚手のフランネル生地で作られており、丈夫です。
なので冬場のインナーとしてはバッチリ!
そこで春先には、ブロード(綿)素材のものをチョイスしましょう。
冬と春でチェックアイテムの素材感は、絶対に変えていくのがポイント。
ブロード素材のものであれば、初夏まで着こなせるし、秋口にもまだ使えるロングシーズン感。
チェック柄大好きな方は「フランネル素材」「ブロード素材」この二つをゲットするべし!

関連記事