洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

カジュアルメンズファッションで大人らしい雰囲気を出すためのアイテムとは

カジュアルメンズファッション

10代や20代の時にはファッションに自由なお金が使えたり、学生の時には毎日私服だったので否応がなしでもたくさんの洋服をそろえていたと思いますが、しかし30代にもなるとサラリーマンも板についてきた年となり、ウィークデーはほぼスーツですし、土日だけが私服を着れる曜日だとは言っても結婚をすればお金もなかなか自由に使うことができなくなってしまいますので余計にメンズファッションからは遠ざかってしまいます。

30代を超えたらどのようなファッションで大人らしい雰囲気をかもし出して行けば良いのかと言うことが分からなくなってしまう場合が多いと思います。

本日はいくつかの大人カジュアルメンズファッションをご紹介してゆきたいと思います。

ニットカーディガン

ニットカーディガンと言うと子供が来ていたり、サラリーマンで40代以上の人がスーツの下に着ているイメージがあって、いまさらニットカーディガンを着るなんてダサいと思っている方も多いと思います。

でも最近では大人カジュアルメンズファッションを語る上ではニットカーディガンは切っても切れないほど結びつきが強いアイテムとなるのです。

特に冬から春、そして秋から冬にかけてなど日本ならではの季節の変わり目には気温差が微妙な時期になりますので、ニットカーディガンのような羽織る物があると体温調節に便利なのです。

カジュアル感があって品も併せ持ったニットカーディガンであれば周りからもダサいと言われずに大人っぽいと言われること間違えないでしょう。

ただし一昔前の毛糸が太い物カーディガンになりますと子供っぽく見えたりセンスがないと思われてしまいますので、ニットカーディガンを選ぶ時には、ほどよい薄さと柔らかい手触りの無地の商品を選ぶと良いでしょう。

デニムジャケット

デニムジャケットは一昔前にはジーンズジャケットまたは略してジージャンとも呼ばれていました。

通常はジーンズと言えばズボンとして履いているデニム生地をジャケットにしたものとなるのですが、デニムジャケットは一時期、1970年代や1980年代には一世風靡をしたカジュアルジャケットとなり、流行物ではないかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実はそんなことはありませんでして、今の時代も大人カジュアルのメンズファッションのアイテムとして親しまれているのです。

でも一昔前は上下共にデニム生地で着こなすのがカッコ良いとされていましたが、さすがに今の時代ではこのコーディネートではなく別の組み合わせで着られることが多くなって来ています。

最近ではデニムジャケットはアメカジの王道アイテムとして親しまれておりまして、無骨のイメージとなるデニムジャケットは男らしい印象を与えたい時にはお勧めのアイテムとなります。

そして着こなしのポイントといたしましてはデニムジャケットの袖を一折りまげて着るだけでも周りに与える印象が違って来ます。

確かにそのまま着ることで差しさわりのないイメージとはなりますが、袖を一折りするだけでもオシャレで着なれている感をかもし出すことができるのです。

またデニムジャケットはただ着るだけではなく大人カジュアルメンズファッションのアイテムとしてさまざまな活用方法ができるところもメリットと言えるでしょう。

具体的には肩にかけて街を歩くだけでもほどよいルーズ感が出て人目を引くことは間違えないでしょう。

尚、デニムジャケットを腰に巻くことでオシャレ度がアップしますので大人っぽくでもカジュアル感を演出したい時にはもってこいのアイテムとなるのです。

ダブルテーラードジャケット

皆さまはダブルテーラードジャケットと言うファッションアイテムをご存知ありますでしょうか?男性ファッションのクラッシックスタイルを代表するジャケットでもありまして大人のメンズファッションで他人との差別化を図りたいのであればダブルテーラードジャケットがお勧めになります。

ちなみにダブルテーラードジャケットとはどのようなものかと言いますと、まずボタンの配列が2列になっている物をダブルプレストと言います。

これは冠婚葬祭の時に見かけるフォーマル要素が高いドレスの要素が高いジャケットになります。またシングルプレストのタイプよりもゆったりと着れるところも人気となっているのです。

ではどうして最近の大人メンズファッションの中でダブルテーラードジャケットの人気が高まって来ているのかと言いますと、幾つかの理由があります。

先ずは大人っぽいドレッシーな感じとカジュアルなバランスを7:3の割合で演出してくれると言うことです。

どちらかと言うとドレッシーでシック寄りなダブルデーラードジャケットではありますが、インナーにTシャツを来たりパンツを選ぶ際には体型にフィットしたサイズのデニムを着ることによって上下のメリハリ感がでますので良いバランスで大人間とカジュアル感がかもし出されるのです。

またYラインにメリハリをつけると言う効果もありまして、子供の時には上下ともにダボッとしたファッションが流行っていたかと思いますが、上半身をゆったりとして下半身をスリムにすることで一気に大人間が増すのです。

ダブルテーラードジャケットの色と致しましてはブラックやネイビーがデニムとの相性が良いでしょう。社会人の方なら普段からジャケットやスーツを着ていますので、ダブルテーラードジャケットを着ることもそんなに違和感がないと思います。

チェスターコート

チェスターコートと言う種類のコートになりますが、チェスターコートは丈が長めでウエストをやや絞ったシルエットのドレッシーはコートになります。普段ダウンジャケットやピーコートそしてダッフルコートで冬を過ごしている方でしたらチェスターコートを着るだけで一気に大人間がアップします。

また、チェスターコートはただ形に拘っているだけではなく、なめらかな肌触りと保湿感がある上質なメルトン生地を使用しておりますので、高級感がありながら暖かいコートにもなっています。

そんなチェスターコートを選ぶ時に気を付けたいポイントが2つあります。

1つ目はアームロールの細さになります。

アームロールとは体の部位で言いますと肩と上腕二頭筋の分かれ目のあたりの部分になります。このアームロールが太すぎると見た目のバランスが悪くなってしまいますのでいくら高級なチェスターコートを購入したとしても台無しになってしまいます。

ですのでチェスターコートを購入する時には実際に試着をしてみて、きつ過ぎず且つゆる過ぎない着心地の物を選ぶようにしましょう。

またウエストラインについても注意を払った方が良いのです。

チェスターコートに関しましては身幅が太いとどうしても中高年のサラリーマンコートに間違われてしまいます。試着をしてみて無理のない程度できつくない程度でウエストが絞られた細見のシルエットのものを選ぶようにすれば皆さまの身長自体も実際よりも高く見えます。

チェスターコートのカッコいい着こなし方についてですが今までチェスターコートを着たことがない方にとっては難易度が少し高そうと思っていると思いますが少しコツを抑えるだけで簡単に着こなすことができるのです。

それはどのような方法かと言いますと、パンツは細見のものを合わせると言うこと、またインナーにはニットのアイテムを合わせると良いでしょう。そしてコートの色は基本的にモノトーンの黒、紺、ベージュの物が良いでしょう。

もう一つのコーディネートポイントと致しましては帽子との相性も良いのですが間違えてもキャップではなくハットやニットの帽子を活用すると大人っぽいカジュアルファッションとして良いコーディネートとなるでしょう。

足元も重要ですので40代男性の足元を飾るボトムスはこれを買っておこう!のページもよろしければ参考にしてみてください。

関連記事