洋服を変えれば大人の魅力も最大限に生かすことが出来ます。40代の男性におすすめしたいメンズファッション情報をまとめて紹介しています。

メンズクールビズシャツの着こなしについて

夏本番で既に気温は30度オーバーとなりジリジリと照りつける太陽がビジネスマンを悩ませます。

遡ること二十数年前、オゾン層の破壊が始まった頃から地球温暖化現象が始まり、今では夏本番を迎える前の6月位から30度を超える地域が珍しくはなくなり、これではサラリーマン仕事に影響が出ると言うことでクールビズが一般的になっています。

一昔前には今の様にクールビズと言う言葉がありませんでしたので、真夏でもネクタイをして外回りをしていましたが、今では国自体がクールビズに取り組んでくれていますのでテレビを見ていても政治家の方々もノーネクタイ、ノージャケットで働いています。

そうであれば我々一般のサラリーマンもクールビズファッションを楽しまないといけません。

またクールビズの本来の目的と言うのは働く皆さまが快適に過ごせることと同時にクーラーの温度を28度に保って地球温暖化を抑えると言う目的もあります。これ以上地球温暖化を活性化させないことも考慮しながらせっかくのクールビズと言うシステムができたのでを楽しまないといけません。

とは言え今まではネクタイしていたのに急にノーネクタイになるとファッション的に落ち着かなくなってしまいます。

でもどの様なシャツが良いのか?で悩んでしまう方も多いと思いますのでここでいくつかお勧めのクールビズシャツをご紹介させていただきたいと思います。

上手くメンズクールビズシャツを着こなすために知っておかなければならないことがありますので、興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

ノータイでも映えるシャツ

クールビズの基本スタイルはノータイでも映えるシャツになります。

だからと言って今までスーツに合わせて来ていた白の無地シャツをそのままクールビズ様に転用した場合にはどうでしょうか?今まではネクタイや上着があったから良かったシャツも、それが単体になってしまうと何か間が抜けてしまったり、寂しかったり、オジサン臭くなってしまう場合があると思います。

ですのでキチンとしたクールビズ様のノータイでも映えるシャツを準備しておく必要があります。

基本的にはクールビズの期間は一般的に6月1日から9月末日までになっておりまして、ノータイ長袖のスタイルとなっています。

白無地ベースのクールビズシャツ

急にクールビズだと言われても今までは白無地のワイシャツにネクタイをして背広を着ていたのであまり冒険はしたくないと言う方が特に40代以上のサラリーマン層に多いのではないかと思います。

それもそのはずでクールにが始まったのは2005年位からですので今から10年以前から働いていた方には急にシャツのデザインや色味を変えるのは大変だと思います。

ですのでその様な方には白無地ベースのクールビズシャツと言うことで、例えば生地には刺繍や柄が一切入ってなく、ボタンの色が黒だったりボタン周りや袖、首のあたりの縫い代に沿って黒いラインが入っている、あくまでも白無地をベースにしたシャツがあります。

また今までボタンダウンのシャツを着たことがなかった方も勇気を出してボタンダウンシャツにすると人から見えるくびの付け根の辺りボタンが見えますのでワンポイントになるでしょう。

白無地に隠れ模様のクールビズシャツ

次にご紹介をさせていただくのは白無地に隠れ模様のクールビズシャツになります。

クールビズデビューをして、とりあえず白無地ベースでボタンの色や刺繍ステッチのワンポイントのシャツを着ることに抵抗が無くなったら次は見た目は白無地なのですが、よく見ると縦ストライプの模様が入っていたり、薄めの白や黒のラインでブロック模様になっているシャツがあります。

元々白無地しか来てこなかった方からするとこれだけでもかなりの冒険になると思います。

少しずつ色々なシャツを試してみたいと言う方は、是非とも白無地に隠れ模様のクールビズシャツを検討して見て下さい。

色ものやストライプのクールビズシャツ

次にご紹介させていただくのは色ものやストライプのクールビズシャツです。

これらのシャツは白無地や白無地ベースで模様があるシャツに比べると派手な感じがしますので初めのうちは抵抗があるかも知れませんが、確実に皆さまのイメージチェンジとなり、また何よりネクタイがなくてもシャツはさ1枚で十分にインパクトか出せますので色ものやストライプのクールビズシャツは是非おすすめになります。

また初めのうちは色ものやストライプのラインカラーは青や薄い赤にしておくと急な変化がなく、抵抗なく着こなすことができるでしょう。

クールビズをきっかっかけに少し冒険して見たいと言う方には是非お勧めです。

フォーマルなシャツの着こなしについて

さて普段からスーツでバッチリ決めている方は、急にクールビズだからと言ってネクタイを外し、上着を脱ぐとちょっと間が抜けた感じになってしまいます。

言ってみればアフターファイブのサラリーマンのお父さんが居酒屋にいる格好に近い物があります。

でもどうしてその様な格好になってしまうのでしょうか。

その理由の1つにはそれまで着用をしていたネクタイの存在が大きかったこともあります。

ネクタイは色々なな柄や色がありますので、特に白いワイシャツを着ている方からすると何よりもワンポイントになっていた訳ですのでそれが無くなってしまうと間が抜けてしまうのはいたしかたありません。

しかし世の中はクールビズと言うことで、元々着ていたフォーマルシャツをいかに着こなすかと言うことですが、特にクールビズのためにシャツを買い直したくはないと言う方はズボンを変えてみるとガラッと見た目の雰囲気が変わります。

昨今は洋服の量販店に行くとクールビズをモチーフにしたマネキン人形がありますので参考にしてみると面白いですが、同じフォーマルシャツでもチノパンを履いたマネキンをみるとスーツのスラックス姿に比べるとかなりカジュアルに見えます。

またチノパンと言うとどちらかと言うと私服で履いている方も多く、ビジネスの場では不向きなのではないかと思っている方も多いのではないかと思いますが、そんなことはありません。

クールビズはある意味ノーネクタイと言う発想からカジュアルビジネスと言う意味もありますので、是非フォーマルなシャツの着こなしについてお悩みの方はチノパンがお勧めなのです。

カジュアルシャツの着こなし

さてクールビズはある意味今までの堅いファッションから離脱をして今までできなかったファッションをビジネスの場に用いることで自分でテンションを上げながら仕事とファッションを楽しむと言うこともあります。

ですのでクールビズの期間だけでも普段着ていないカジュアルシャツの着こなしを楽しもうと言う方も少なくはありません。

また、今までは無地の白シャツしか着たことがなかった方は思い切って青やピンク系の色味を着てみたり、ストライプのラインが入っている物も良いでしょう。

これはクールビズではない時期にはネクタイがワンポイントとなっていましたがクールビズではノーネクタイが基本となりますのでその分シャツでインパクトを付けようと言う考え方になります。

そして普段着ていないカジュアルシャツを着こなすことによって自分を彩る夏バージョンと言うことで周りからの印象も変わります。

また夏でも電車の中の冷房が寒かったりする場合もありますので、そう言った場合には麻や綿生地の薄目のジャケットを持っておくと良いでしょう。

また初心者の場合は黒や紺色のジャケットがお勧めです。

ジャケットの下にカジュアルシャツがあるコーディネートもカッコいいカジュアルシャツの着こなしの方法になります。

是非スーツスタイルでは楽しめない皆さまのクールビズスタイルを楽しんでいただきたいと思います。

関連記事